不動産賃貸管理に、必要な文書は様々で、定型文書は殆どありません。従って、契約更新通知書一つ取りましても、ソフト業者が作成した文書で満足される不動産業者は殆どおられません。その為、ワープロで業者が、独自に文書を作成されておられるのが現状です。
そこで、弊社は本編集機能で作成した文書の中に、必要な項目の情報を差し込み可能にし、更に、計算機能を付加することで、ワープロでは決して得られない機能を実現しています。
例えば、文書の中で、賃借人の宛名をワープロで打つ場合には、せいぜい、文書登録等で能率を上げて入力を行うことしか出来ません。本システムでは、 $賃借人$ と記しておけば自動的に、文書内に賃借人名が差し込まれます。その差込項目数の種類は文書により差異が有りますが、文書によっては120数種類にも及びます。
滞納の催促状、重要事項説明書、精算書、請求書、契約書等はサンプルを編集又は、白紙から始めて、貴社用オリジナル版に完全に作り直す事が出来ます。
更に必要な、文書が発生した時に、其の都度、新規に作成して、文書名も任意に付ける事が出来ますので、使い込む程に、業務の能率が上がって行きます。