上図引落ボタンをクリックする下図のウィンドウが表示されます。

引き落し日:カレンダーから入力します
データの保存先
:引落しデータのパスを指定
保存フアイル名 :引落しデータのファイル名を指定
データの項目数 :データの項目数
引落番号の項目番数:1データの内で引落し番号の項目が何番目のデータか?
入金額の項目番数  :引落額は項目の何番目のデータか?
引落可否の項目番数:引落し成功不成功の項目は何番目のデータか?
引落手数料:引落手数料を除いて入金処理が行われる
以上のデータを最初に設定し、必要に応じて変更して下さい。
設定の方法が不明の場合は当社でお手伝いします。又、カスタマイズが必要の場合は、原則無料で、お受けします
エラー処理の印刷等は基本的には、バンクシステムと同様に行ってますので参照願います